Read Article

サウナって心臓に負担はないの?

スポンサードリンク

サウナが健康にいいという人もいれば、健康に悪いという人もいます。
悪いという理由で多いのが「心臓への負担」です。

サウナに入ることで血圧が急激に上昇しますから確かに負担はあるのです。
毎年何かしらサウナで倒れた人がいる、亡くなった人がいるといったニュースが出ます。
ですので、やはり負担がそれなりにあることを理解しておいたほうがいいと思います。

サウナは、万人に対して健康な方法ではないということです

あれだけ高温の部屋に入って冷たい水に入るのですから。
サウナでない場所であれば、相当ヘビーな条件の環境ですからね。

よく言われるのが、サウナに入ってから水風呂に入ると聞くと心臓に良くないのでは?という意見。
水風呂に関しては、慣れていない人がいきなり入るのは確かに良くありません。
サウナにまだ身体が慣れていない段階でもそうですね。
最初は足から徐々に心臓に向かってかけていって慣らす事で、だんだん大丈夫になっていきます。

水風呂だけでなく、実はサウナでも心臓に負担はかかっているんですね。
サウナに入ることによって血流が良くなります。
ですが血流がよくなるという事は同時に心臓の活動も増えるという事です。
なので心拍数が上がります。

加えて汗をたくさんかく事で脱水症状になりますので血液がドロドロになっていきます。
つまり心臓にはそれなりの負担がかかってきます。

ですので、一般的に疾患などがない成人の人は問題なく利用できますが、心臓に疾患がある人、動脈硬化の危険性がある人などは、かかりつけの医師に相談してからの利用する事をおすすめします。

心臓に負担がある、心配であるということであれば、低めの温度のサウナを利用するのがいいでしょう。
ミストサウナや遠赤外線タイプなどは、50~60度程度であればだいぶ身体への負担は減りますね。

あとはあまり自分の身体を過信しないようにして楽しんでいきたいですね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top