Read Article

池尻大橋のサウナはデザイナーズ銭湯!『文化浴泉』は駅チカでキレイで便利!

スポンサードリンク

池尻大橋のサウナはデザイナーズ銭湯!『文化浴泉』は駅チカでキレイで便利!

東京世田谷の池尻大橋にある「文化浴泉」さんに行ってきましたー!
では早速「文化浴泉」さんの体験レポです!

【文化浴泉】さんへの場所と行き方

「文化浴泉」さんの場所は、東急田園都市線・世田谷線「池尻大橋」東口から出て、徒歩約5分程度の場所にあります。
「池尻大橋」東口を降りるとすぐに、出光のガソリンスタンドがあります。
そこから「みずほ銀行」方面に続く商店街をまっすぐ歩いていきます。

【文化浴泉】さんのサウナ体験レポ

「池尻大橋」から5分ほど歩くと「文化浴泉」に到着。
銭湯らしからなぬおしゃれな外観。
最近都内で人気の「デザイナーズ銭湯」ですね。
池尻大橋「文化浴泉」外観画像
通常の入浴料は、都内の共通の銭湯代の460円。
サウナ料金、タオル、シャンプーなどがセットになった「手ぶらサウナセット」は、830円。
池尻大橋「文化浴泉」看板画像
こちらが、「文化浴泉」さんの入り口。
半地下の入り口を入っていきます。
おしゃれですね。
池尻大橋「文化浴泉」入り口画像
「薬湯」や「イベント湯」などもやっています。
池尻大橋「文化浴泉」入り口貼り紙画像
入り口には、日経MJに掲載された記事がかざってありました。
見出しは「おしゃれ銭湯」。
池尻大橋「文化浴泉」日経MJに掲載された記画像
フロントで「手ぶらサウナセット」であることを告げて、830円を支払います。
そうするとなにやら、ドアの取っ手のようなプラスチックの板がついた鍵をくれます。
これが、サウナ料金を支払った人の目印。
サウナのドアの穴に、この板の出っ張りをひっかけ、ドアを開けます。
サウナ料金を支払っていないひとが、サウナに入るのを防止する工夫ですね。
でも、入り口でなんの説明もないのはちょっと不親切かも。
普通これわたされても、なにかわからないです。
(番台のおじさん不愛想すぎ。なんか言おうよ)
池尻大橋「文化浴泉」タオルセット画像
こちらが「手ぶらサウナセット」でついてくるカゴ。
カゴには、タオルとシャンプー、ボディシャンプーが入っています。
池尻大橋「文化浴泉」タオルセット画像
ロッカーは上下2段式。
池尻大橋「文化浴泉」タオルセット画像
ハンガーは1個。
あるだけうれしい。
池尻大橋「文化浴泉」タオルセット画像
着替えるスペースは、昔の銭湯の雰囲気を残していますね。
池尻大橋「文化浴泉」タオルセット画像
では、いざ「文化浴泉」さんへ突撃!

【文化浴泉】さんのサウナ

サウナの温度は、82度程度。
それほど高温ではありません。
高温ではありませんが、湿気はほどほどにありました。

文化浴泉さんのサウナは、雑誌などの持ち込みOK。
隣駅の三軒茶屋の「駒の湯」さんも持ち込みOKなので、この世田谷エリアでは一般的なのかな。

ロウリュはありません。

水風呂にいきましょう。
水風呂の温度は、約16度。
温度の割には、あまり冷たく感じませんでしたね。

俺の感想

文化浴泉さんは、「デザイナーズ銭湯」ということ、「池尻大橋」というエリアもあって、20代、30代の若い人たちも多く、すこし賑やかでしたでしたね。
サウナについてですが、なんでしょうかね。
作りやレイアウトの関係なのか、あまりじっくりとサウナに入れない印象がありました。
落ち着かないというか、ざわついているというか・・・
(あくまでも、個人的な印象です)
ですので、今日はサウナでがっつり汗をかくぞ!というのではなく、サクッと来て、軽く汗を出すという感じに向いていますね。
この辺はよくうろつくので、また行ってみて再確認してみたいと思います~

【文化浴泉】サウナスペック

高温サウナ 82度
水風呂 16度

【文化浴泉】詳細

公式ホームページ http://bunkayokusen.grupo.jp/
住所 東京都目黒区東山3-6-8
電話 03-3792-4126
アクセス・最寄り駅 東急田園都市線池尻大橋駅東口徒歩5分
営業時間 平日 15時半~25時
日曜 8時 ~12時 15時半~25時 (毎週火曜日定休)
料金 入浴料:460円
サウナ代:300円
手ぶらサウナセット 830円 (入浴料・サウナ・小タオル・石鹸・シャンプー・サウナ用バスタオル)
クレジットカード 不可

Return Top