Read Article

【入谷・鶯谷】『宝泉湯』のサウナは全然整わなかったけど下町人情あふれる銭湯だったよ

スポンサードリンク

【入谷・鶯谷】『宝泉湯』のサウナは全然整わなかったけど下町人情あふれる銭湯だったよ

入谷・鶯谷にある「宝泉湯」さんのサウナに行ってきましたー!
場所は、老舗サウナ「サウナセンター大泉」さん、大人気銭湯サウナ「ひだまりの泉萩の湯」さんの近く。
地元民さんが集う銭湯です。

では早速「宝泉湯」さんの体験レポです!

【宝泉湯】さんへの場所と行き方

まずは「宝泉湯」の行き方から。
最寄り駅は、東京メトロ日比谷線「入谷」駅。
徒歩で約5分程度。
サウナセンター大泉さんのある通りをずっと歩いていけば着きます。

JR鶯谷駅から歩いて行けますよ。

【宝泉湯】さんのサウナ体験レポ

こちらが、「宝泉湯」入口。
大きなガラス張りの入り口が印象的な外観。
銭湯というよりブティックっぽい。
目の前を通っても、まったく銭湯って気が付かなかった。
「宝泉湯」外観画像
台東区の銭湯にはデフォルトのコインランドリーもやっぱりあります。
「宝泉湯」画像
入り口を入ると、大きな水槽が!
熱帯魚が気持ちよさそうに泳いでいます。
ただの水槽でなく、建物に埋め込まれているタイプ。
よほど熱帯魚がお好きなのでしょうね。
「宝泉湯」画像
銭湯なので、基本の入浴料は共通の「460円」。
サウナは別料金でプラス「200円」。
サウナの料金を払うと、番号の書かれた赤いマジックテープのバンドをくれます。
これが、サウナ料金払ったよという目印になります。
手作り感たっぷりのチープさがいいですね(笑)
「宝泉湯」サウナ室用バンド画像

【宝泉湯】さんのサウナ

*浴室内は撮影禁止なので、あとはテキストで書きますね。

浴場にはいると、まず最初に目に入るのが壁絵。
ボッティチェッリの『ヴィーナスの誕生』が書かれています。
入口の熱帯魚といい、この壁絵といい、オーナーの好みが出ていますね。
台東区下町とのギャップ感がいいです。

「宝泉湯」さんのサウナですが、まずはサイズ。
2段で6人程度が座れるサイズ。
ですが、奥行きが狭いので、実質入れるのは3人程度ですね。

サウナ室内の温度は「100度」。
高めの温度ですね。
湿度はそれほどでもなく、ドライ感あります。
対流は弱め。

水風呂は「22度」。
キレのない水風呂なので、22度よりもっとぬるく感じる。

「100度」のドライ感が強いサウナと、「22度」のキレのない水風呂。
う~ん、このコンビネーションはちょっと整いにくいかも。

俺の感想

銭湯&サウナの「宝泉湯」さん。
サウナセンター大泉さん、ひだまりの泉萩の湯さんの近くということで、サウナーが「宝泉湯」さんにわざわざ行くことはないかなあ。
サウナで整いたいのであれば、とくに「宝泉湯」さんに行かなくてもという感じ。

ただ、銭湯の面白さってスペックだけではないですからね。
最近は、サウナセンター大泉さん、ひだまりの泉萩の湯さんばっかりだなあ、なんてときは「宝泉湯」さんなんて使い方はいいでしょう。

番台のお姉さんは下町の銭湯らしく気軽に話かけてくれるし、サウナに入っていれば、地元のおっちゃんも「よー、兄ちゃん!」って話しかけてくる。
下町らしい人情を感じられる銭湯。
うん、銭湯だけ入りに行こう(笑)

【宝泉湯】サウナスペック

高温サウナ 100度
水風呂 22度

【宝泉湯】詳細

公式ホームページ なし
住所 〒110-0003
台東区根岸3-14-14
電話番号 03-3875-4126
アクセス・最寄り駅 東京メトロ日比谷線「入谷」駅下車、徒歩5分
営業時間 15:00~24:00
定休日 月曜
料金 大人(12才以上):460円
サウナ:200円
クレジットカード 不明

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。