Read Article

浅草のど真ん中にある『蛇骨湯』!外国人観光客にも大人気の銭湯のサウナとは?

スポンサードリンク

浅草のど真ん中にある『蛇骨湯』!外国人観光客にも大人気の銭湯のサウナとは?

浅草にある「蛇骨湯」さんに行ってきましたー!
台東区はサウナのある銭湯がたくさんありますが、その筆頭ともいえる人気の先頭です。

では早速「蛇骨湯」さんの体験レポです!

【蛇骨湯】さんへの場所と行き方

まずは「蛇骨湯」の行き方から。
最寄り駅は、東京メトロ銀座線「田原町」駅。
徒歩で約5分。

もちろん浅草駅からも徒歩圏内です。
浅草の雷門から5分くらいです。
ですので、浅草観光のついでに寄るということもOK!

【蛇骨湯】さんのサウナ体験レポ

こちらが、「蛇骨湯」入口。
路地をくねくねと行った先にあります。
「蛇骨湯」外観画像
看板に「天然温泉」と書かれていますが、本当に温泉なのです。
「蛇骨湯」外観画像
銭湯なので、基本の入浴料は共通の「460円」。
サウナは別料金でプラス「200円」。
「蛇骨湯」画像
タオルのレンタルは、フェイスタオルとバスタオルで別々になっています。
フェイスタオルは「30円」、バスタオルは「60円」と良心的。
「蛇骨湯」画像
券売機では、「セット」ものはボタンが用意してあります。
「入浴(460円)+サウナ(200円)」だと「660円」。
「タオル&カミソリ&ハブラシ&手提げ袋」がセットになった「手ぶらセット(140円)」をつけると「800円」。
「蛇骨湯」外観画像
今回わたしは、「サウナ&入浴料&手ぶらセット(800円)」で入場。
シャンプーやボディソープは無料です。
「蛇骨湯」外観画像
サウナの料金を払うと、番号が書かれたバンドをくれます。
これが、サウナ料金払ったよという目印になります。
「蛇骨湯」サウナ室用カギ画像
こちらが「手ぶらセット」。
「手ぶらセット」の場合、タオルはレンタルでなく持ち帰りOK。
手提げ付きなので、外国人観光客はこのセットをそのまま持ち帰れるのでいいですね。
「蛇骨湯」外観画像
使い捨てのカミソリと歯ブラシもついています。
「蛇骨湯」外観画像

【蛇骨湯】さんのサウナ

*浴室内は撮影禁止なので、あとはテキストで書きますね。

「蛇骨湯」さんのサウナですが、まずはサイズ。
5~6人程度が座れるサイズ。
すぐにいっぱいになって、入れない人は待つしかない(笑)
大きくはないですが、都内の銭湯サウナではこんなものですよね。

温度は、サウナ室内の温度計では「98度」。
外側についている温度計(室内温度を表示するやつ)では「84度」。
けっこう差がありますが、「98度」ほど熱くはないです。
体感的には「84度」のほうが近いと思います。
マイルドな熱さで、けっこう長く入れます。
湿度も高くもなく低くもなくで、とても入りやすいですね。

水風呂は、露天風呂エリアにあります。
温度は「18度」。
それほど冷たくはありません。
ここの水風呂の特徴は、温泉の水を冷やして使っていること。
茶色い温泉水なんです。
消毒臭もなく、皮膚への当たりもマイルド。
なかなかいいですね。

俺の感想

銭湯&サウナの「蛇骨湯」さん。
都内屈指の観光地「浅草」にあることから、外国人観光客からも人気の銭湯です。

入れ墨OKというのも、Tatooを入れた外人さんが入りやすい理由のひとつでしょうね。
土地柄、地元の入れ墨入れたひとたちもたくさん来ています(笑)
日本の入れ墨と海外のTatooが入り混じる銭湯というのも、浅草ならではの光景ですね^^

この「蛇骨湯」さん、なんといっても「温泉」というのがいいですね。
黒褐色澄明、微塩味無臭の通称「黒湯」と呼ばれる温泉だそうです。
あたりがやわらかで、入りやすいです。

露天風呂があるのもいいいですね。
露天風呂のすぐ横には池があり、丸まると太った色鮮やかなたくさんの鯉が泳いでいます。
外気浴しながら鯉を眺める。
なかなかいいですよ^^

【蛇骨湯】サウナスペック

高温サウナ 内温度計98度(外温度計84度)
水風呂 18度

【蛇骨湯】詳細

公式ホームページ http://www.jakotsuyu.co.jp/
住所 東京都台東区浅草1-11-11
電話番号 03-3841-8645
アクセス・最寄り駅 東京メトロ 田原町 3番出口より徒歩3分、都営浅草線 浅草 A1出口より5分。
営業時間 13:00 ~ 23:40 (入口閉鎖)
23:30 (浴室退室)
定休日 毎週火曜日定休 祭日営業(翌平日休業)
料金 大人(12才以上):460円
サウナ(1回券):200円
手ぶらセット:\140(タオル&カミソリ&ハブラシ&手提げ袋)
クレジットカード 不明

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。